レアル・マドリード戦の感想 その2

2010/12/01 (水)  リーガ・エスパニョーラ

後半開始。レアルはエジルを下げてラサナ・ディアラを投入。エジルは殆ど仕事させてもらえませんでしたからね。エジルのプレーも楽しみにしていたので残念でした。さてモウリーニョが後半立て直すための作戦。にわかなので余りよくわからず…(´・ω・`)とりあえず感じたことを素直に書きます。間違ってたらごめんなさい。

前半よりDFラインは前目のように感じました。もっと守備を固めてくるのかなと思ったので意外。負けてるから点を取りに行くという姿勢なのでしょうか。でもおかげでバルサの選手は前半よりものびのびとスペース使ってプレーしているように感じました。

再三バルサにチャンスが訪れます。メッシがドリブルでゴール前に持ち込んだシーンでは、左にどフリーのビジャがいたのに自分でシュート。DF2人くらいついていたのでガッチリ阻まれました。「メッシこの野郎!ビジャにパスしなさいよ!」とプンプン怒っていたら、ちょっと後にメッシからのパスでビジャがゴール!!!メッシありがとねー(←都合のいいヤツ)。

ビジャのゴール

ゴールを決めたビジャはイラストのようにアピール。ゴールを決めたのは俺、DAVID VILLAだぜってなもんです。ご機嫌だね、ビジャ!私も嬉しいよヽ(*´∀`)ノ いやー、しかしレアルも頑張ってくれないと試合として面白くない。レアル頑張れーとレアルの応援に回っていたら、またもやメッシからのパスでビジャのゴール!!

やったーやったーとテレビの前で大喜び。スローで見たら何とカシージャスの足の間を通っているのですね!簡単そうにすごいことをやるなんてビジャかっこええー。ビジャも情熱的に喜びを爆発させていました。ワールドカップの時みたいだ。祝福にきたメッシにアシストのお礼か、頭にチュッ。メッシうらやま。

そんな風にワイワイと喜びを分かち合い、一段落したところで試合再開。そして私はレアルの応援を再開。…ホントただのビジャファンです、バルセロナファンの皆様すいません。でもサッカーに限らず、スポーツ見ていると負けているチームの方に感情移入しちゃうのですよね。だからビジャのゴールを喜びつつも、レアルの選手の悲しそうな顔をみてると私も辛くなってきました。

1点でも返せれば…と思いつつも、ビジャのハットトリックも期待する矛盾する心を抱えながら観戦。レアルがボール持っても中々前に繋ぐことができません。ボールを持つと瞬時にバルサの選手が3人ほど寄ってきてパスコースを消すのですね。まるでスラムダンクの山王戦のようだ!(詳しくはスラムダンク 27巻

そんな中でもクリスチアーノがボールを持つと他の人より取られない。やっぱりすごい選手なんだな。でも技術と組織力が高いレベルのバルサの前では、本来の持ち味を存分に発揮することは出来ず…。惜しいFKもあったんですけどね。攻撃も守備も上手くいかず、レアルはイライラが募ってきてラフプレーが目立ち始めました。

そんな時にビジャが交代!!何でよー!そりゃビジャはFW陣の中では歳がいってる方だけど…。でもこの試合では運動量が落ちた感じもしなかったし、ビジャにとって初クラシコ、それにハットトリックも出来るかもしれないのに…。あんまりだ。・゜・(/Д`)・゜・。

まだ続きます。
関連記事

タグ : ビジャ FCバルセロナ サッカー バルサ メッシ クラシコ レアル・マドリード

テーマ : 欧州サッカー全般 - ジャンル : スポーツ

リーガ・エスパニョーラを見るなら WOWOW

コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ  

この記事へのコメント

コメントを書く

アイコン
装飾
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ